サポート革製品のメンテナンス方法

革製品のメンテナンス方法

皮革は、自然が創り出した理想的な繊維です。自然だけがもっている深みのある美しさ、風合いを醸し出しております。このようなこだわりから、出来るだけ風合いの良いナチュラルな染色で仕上げております。そのため、多少のキズ、色むらが出たり、また独自技術の本革への立体的なプレス加工におきまして色焼けや斑点が生じます。あらかじめご了承下さい。

お手入れ方法

  • ■ 軽い汚れは乾いた柔らかい布でやさしく乾拭きして下さい。
  • ■ 万一濡れた場合には、すばやく柔らかい布で軽くたたくようにして水気を拭き取り、直射日光を避けて風通しの良い場所でゆっくり自然に陰干しして下さい。
  • ■ 汚れて高温多湿の状態で保管しますとカビの原因になります。ホコリや汚れをよく拭き取り、多湿の所は避け、通気性の良い布などに包み、他の製品(特に合皮、塩ビ素材等)と直接触れないように保管して下さい。長期間にわたって保管する際は、時々外の空気に触れさせてください。
  • ■ 定期的に皮革専用のクリームで栄養補給して下さい。表面に艶感を与え、しなやかさを保ち、老化を防ぎます。適正でない皮革用クリーム等は、シミになる恐れがありますので、目立たない場所で試してからご使用下さい。

雨や汗などの水分にご注意ください

天然皮革は水分に大変弱く、汗や水分を含んだ状態で衣類や他素材に摩擦、圧着等が生じた場合に退色・色落ち・色移り、水膨れ、カビなどの原因となります。汚れを落とす際も水やお湯で洗うことは避けてください。

その他の気をつけていただきたい事

  • ■ 汚れたまま放置してしまうと革の特性上汚れが落ちにくくなってしまいます。放置せずにすばやく拭き取ってください。
  • ■ 容量を超えるものを詰め込んだり過度に重いものを入れてご使用になると、型崩れや破損が生じる恐れがありますのでご注意下さい。
  • ■ どんなにお気に入りであっても時々休ませてあげて下さい。痛みや型崩れも少なくなります。